MENU

矯正治療

Orthodontic

矯正歯科

歯並びが悪いとどのような問題が起こるでしょうか?

歯並びが悪いと生じる3つのこと

①むし歯や歯周病になりやすく、発音や咀嚼にまで影響することもある

歯並びが悪いとブラッシングが行いにくく、むし歯や歯周病になりやすくいことがわかっています。それに伴い口臭の悪化も生じます。また空気が漏れて発音がしづらかったり、麺類がうまく咬み切れないなどといった不都合も生じます。

②顎顔面の成長発達に影響する

特に小児の場合、悪い歯並びや、不正な咬み合わせなどが持続すると顎顔面の骨や筋肉の成長発達を阻害し、骨格への影響が出ることがあります。

③見た目や性格に影響する

歯並びが気になって自信をもって大きな笑顔ができない。歯を見せて写真を撮りたくないという人がいます。本人にとってコンプレックスになるようなことが続くと性格にも影響が出ることがあります。人間はプラモデルではないので改善できることと、できないことがありますが、改善できることは改善し日々の生活に自信をもって過ごせるようにしたいものです。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)
下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯槽膿漏の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことでむし歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ていいる状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、むし歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

矯正装置の種類

マルチブラケット
マルチブラケット

全ての乳歯が生え代わった小児や成人に用います。矯正歯科治療に一番良く使用されている方法でそれぞれの歯にワイヤーを通して歯を並べます。

料金

第1期治療(床矯正やマウスピース矯正)からの移行の場合、250,000円

それ以外の場合は650,000円

床矯正
床矯正

主に成長期の小児に利用します。床矯正とは、床(しょう)と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に調整していくことで歯列の幅を広げていく方法です。歯列を広げて整えるので抜歯をする必要が少なく、装置は取り外しが可能なので、食事や歯磨きがしやすいのが特徴です。特に顎が成長段階の子供の矯正に適しています。

料金

1装置60,000円(上下なら120,000円)、追加1装置につき30,000円

(1つの装置で拡大できる量が決まってますのでさらに拡大が必要な場合は追加で装置が必要になります。)

インビザライン
成人のマウスピース矯正

ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。

料金

298,000円

*適応症が限られてますので全ての方が利用できるわけではありません。