MENU

スポーツ歯科

Sports

スポーツ用マウスピース
(マウスガード)

スポーツ用マウスピース(マウスガード)

スポーツは心身のリフレッシュにつながり、身体の成長発育を促します。せっかく楽しくスポーツをしていてもケガをしたくはないですよね。テレビでボクシングや、NBAのバスケットボールの試合を見ていると必ずマウスピースをしているのを見かけると思いますが、マウスピースなどを用いることによりケガのリスクが軽減され、パフォーマンスも向上することがわかっております。当院では市販用でなく、患者さん一人ひとりオーダーメイドのマウスピースを作製するため、装着感が良く快適に使用できます。特に成長期の中学生、高校生は、スポーツによる歯のケガによりその後の歯並びや機能に影響が出る場合があるのでおススメです。それぞれのスポーツの種目によってマウスピースの形が異なり、種目によっては試合出場の際に装着の義務のある種目もあります。

スポーツ用マウスピース(マウスガード)

マウスピースの使用義務があるスポーツ
(危険度の高いスポーツ)

  • ラクロス
  • ラグビー
  • 総合格闘技
  • ボクシング
  • 空手
  • アメリカンフットボール
  • アイスホッケー

(中学生、高校生、大学生、一般において多少異なります。)

中等度の危険を有するスポーツ
(マウスピースの使用が望ましいスポーツ)

  • 野球
  • バスケットボール
  • ハンドボール
  • 相撲
  • 柔道
  • スキー
  • スノーボード など

マウスピースの色はある程度自由に決められますが、競技によっては使用できない色があります。
(2020年現在)

ラクロス
日本ラクロス協会ではマウスピースが入っていることが見た目に分かりやすく、白や透明以外の色を着用することと規定されています。
ラグビー
日本ラグビーフットボール協会では、中学生は白、透明、黒、紺などを推奨し、出血と間違えられる色や華美な色は禁止されています。
総合格闘技
それぞれの所属団体の基準によって異なります。
野球
日本高校野球連盟、全日本大学野球連盟では、白、透明のみ使用を認めると規定されています。
バスケットボール
日本バスケットボール協会では透明のみと規定されています。
柔道
全日本柔道連盟では、白、透明のみ使用と規定されています。
ボクシング
日本ボクシング連盟では、赤もしくは赤系統の色は禁止されています。
アメリカンフットボール
マウスピースが入っていることが見た目に分かりやすく、白や透明以外の色を着用することと規定されています。
スキー、スノーボード
落とした時に目立つ色をお勧めします。
チームスポーツ
チームで色を統一したり、ロゴやマークを入れたりしてチームの団結を強めるのもいいかもしれません。

料金(学割あり)

当院では青少年の健全な口腔の発達に力を注いでいます。
学生の方でも良質なスポーツ用マウスピースを使ってもらうために学生の方は学割を実施しております。ご気軽にご相談ください。

3Dタイプ
一般 7,000円(税込)
学生 6,000円(税込)
カラータイプ(単色)
一般 6,000円(税込)
学生 5,000円(税込)
  • カラータイプ
  • カラータイプ
カラータイプ(多色)
一般 7,000円(税込)
学生 6,000円(税込)
  • カラータイプ
  • カラータイプ
  • カラータイプ
  • カラータイプ
  • カラータイプ
オリジナルタイプ
(プロスポーツ選手用)
36,000円(税込)
プロスポーツ選手も使用しているタイプです。デザインの種類が増え、名入れにも対応しています。

当院がサポートしている
プロ選手

マウスピースの作製だけでなく口腔のケアも行っております。

大島沙緒里選手

DEEP JEWELS
アトム級、ミクロ級、2階級チャンピオン
大島沙緒里 選手
(3Dタイプ【3D-②】使用)

te-a選手

DEEP JEWELS
次期チャンピオン候補
te-a 選手
(3Dタイプ【3D-③】使用)

大きな虫歯や多量の歯石がある場合はマウスピース作製の前に治療されることをお勧めします。