MENU

むし歯や歯周病対策の予防治療

Preventive dentistry

むし歯や歯周病対策の予防治療

予防歯科

みなさん健康なお口の状態を保ち、食事や会話を楽しみ快適な日々を過ごしたいことと思います。むし歯や歯周病が進行すると痛みや歯茎の腫れ、口臭が生じ、さらに進行すると歯を失い発音がしづらく、食事が食べにくくなってしまいます。

当院ではむし歯や歯周病になってから治療するのではなく、病気になる前に事前に予防する予防歯科に力を入れ、みなさんが生涯を通じて健康な歯でいられるよう努力していきます。

辞書で調べると予防とは:悪い事態が起こらないように事前に防ぐこと
と書かれています。何事も不測の事態が起こる前に事前に対策をとっておくことが大切だと思います。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、むし歯も歯周病もそれぞれ細菌であるむし歯菌、歯周病菌によって引き起こされます。つまり、日々お口の中を清潔な状態に保つことで、むし歯や歯周病を予防できるわけです。細菌の大きさは1㎛と小さく、歯磨きなどの清掃が行き届いていないところやケアしにくい所に付着していきます。そのため予防するには歯科医院での専門的なメインテナンスが重要です。

予防歯科

当院では患者さん一人ひとりに対して歯科医師や衛生士が口の中に潜んでる細菌を徹底的に除去し、細菌の活動を抑制するフッ化物(フッ化ナトリウム)塗布を行う“プロフェッショナルケア”やみなさんが効率よくお口のケアができるよう専門的なアドバイスや磨き方のポイントをお伝えしていきます。

予防歯科で大切なことは3つです。

自宅でできるセルフケア
歯科医院でしかできないこと
1.口の中の汚れを残さず落とす口の中の汚れを残さず落とす
自宅でできるセルフケア
  • ・正しいブラッシング方法で一本一本を丁寧に磨く
  • ・歯間ブラシやフロスを使って歯と歯の隙間のプラークを除去する
歯科医院でしかできないこと
  • ・歯磨き指導…磨いているつもりでも意外に磨けていないことが多いです。一人ひとりにあったブラッシング方法をお伝えします。
  • ・歯石除去…硬く歯に付着している歯石は歯ブラシで除去することは困難です。専用の器具で取り除きます。
  • ・器械的歯面清掃(PMTC)…歯に付着した着色を落とし、歯面を細菌が付着しにくいようつるつるな状態にしていきます。
2.口腔内に興味を持ち定期的に口腔内を観察する口腔内に興味を持ち定期的に口腔内を観察する
自宅でできるセルフケア
  • ・鏡で見える範囲で歯の状態、歯肉の状態、舌の状態を観察する。
歯科医院でしかできないこと
  • ・歯科医師が細かいところまで診査する。
  • ・口腔内が大きく拡大できる専用のカメラを利用しお見せすることもできます。
  • ・川口市成人健康診査、舌がん検診を利用し診査することもできます。
3.フッ素を口腔内に残した状態に保つフッ素を口腔内に残した状態に保つ
自宅でできるセルフケア
  • ・フッ素入り歯磨剤を利用する
  • ・歯磨き後うがいをしすぎない。
歯科医院でしかできないこと
  • ・医療機関専用の高濃度フッ化物塗布。
  • ・市販の10倍の濃度があるため歯に取り込まれる効率がとてもいいです。